塾講師や家庭教師のバイトをする【一対一で学力の維持を考える】

教師

色々な場所に登録する

勉強

現役大学生で家庭教師のバイトをする場合、学校から近いところを選ぶ人は少なくないのですが住まいの近いところを選ぶことがベストです。場合によっては交通費の面で遠くに住んでいる人を雇わないという会社もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

大学生から注目が高い

小学生

家庭教師のバイトで気をつけること

家庭教師のバイトを大学生でする場合の注意点の一つに、自分のレベルで教えられる生徒かの確認をする事です。難関大学を狙う生徒を指導する場合、家庭教師にも高い学力が求められます。難関大学の学生であっても科目ごとの平均偏差値は人様々ですから、生徒の指導して欲しい教科や分野を事前に聞いておく必要があります。家庭教師を派遣する会社に登録する場合は、生徒の希望や要望を調査し、マッチしている家庭教師のバイトを送り出しているかが重要です。派遣ありきで、能力に見合わない家庭教師のバイトを派遣している業者は苦情が多くなります。自分自身も働きにくくなりますから、派遣先の生徒の情報をしっか派遣会社から聞き出す必要があります。

豆知識、親の希望は様々

家庭教師は塾とは違い、生徒や保護者の希望に合わせた指導を行います。バイトの家庭教師を依頼する保護者の希望は様々です。一般的には学力の向上、受験合格を目指した要望が多いです。その際は、生徒の目標とするレベルに引き上げるため指導を行います。派遣会社に登録して派遣された場合は、専用のテキストを利用する場合もありますし、生徒の希望するテキストや希望校の過去問題に合わせて指導するケースがあります。また、不登校の生徒の指導をお願いされるケースがあります。集団での生活は難しくとも、教師と一対一で学力の維持を考える保護者もいらっしゃいます。その際は保護者、生徒の希望する教科を基礎から指導するケースもあります。家庭教師以外にも塾講師の仕事も注目があり、塾講師はアルバイトとして働くことが出来ます。現役学生の場合、非常勤として働くことが出来るので自分の好きな時間を選んで働くことが可能です。また、大学などを卒業した場合は常勤講師として働くことができ、安定した収入が得られるので人気が高いといえるでしょう。

働く場所を見極める

中学生

家庭教師のバイトは全国各地で求人募集がされており、基本的にどこの地域でも働くことが出来ます。そのため、高収入を提示している場所を選ぶ人が多いのですが、しっかりと給与が支払われないこともあるので十分に注意しましょう。

個人で契約する方がお得

小学生

家庭教師をするにあたってまずは会社に登録する必要があるのですが、中には個人で契約して家庭教師をする人もいます。個人の場合、面倒な手続きなどもない他に中間マージンも発生しないので働きやすいといえるでしょう。