英語を使った仕事をしたい|知らない人はいない109での求人が熱い!

知らない人はいない109での求人が熱い!

笑顔の人たち

英語を使った仕事をしたい

女性たち

即戦力が有利だけど

どんな仕事であっても未経験で就職や転職を希望しようとした時には大きな不安が伴いますが、貿易事務は海外を相手に仕事をしなければいけないため、英語力なども必要になり、未経験というのは他の職業に比べてさらに不安が大きくなってしまいます。どの企業も未経験の人を育て上げるよりも即戦力の人を求めているため、応募の段階である程度の貿易に関する知識などがある人の方が採用されやすいと言われています。しかし海外留学経験があったり、営業事務に携わったことがある人の場合には未経験であっても貿易事務としての採用が叶う可能性があります。貿易事務に関する資格もありますので、その資格を持っている場合には未経験であっても採用を前向きに考えてくれる企業も存在しています。

アシスタントから

貿易事務が未経験の場合、まず始めは書類のチェックや英文での書類作成などのアシスタント的な業務からスタートすることが多く、仕事を行いながら経験を積んでいくことになります。そのため最初は正社員というのは難しいケースも多く、派遣や契約社員からのスタートとなることも多いです。特に未経験の場合には仕事の流れなども覚える必要があるためです。そこから正社員としての採用になるかどうかはわかりませんが、一度貿易事務の実務経験があるということは再就職や転職の際にも有利になります。また、大きな会社は特に実務経験がある即戦力になる人を求めていますので未経験での採用はハードルが高いですが、小さな会社の方が採用されやすいとも言われています。